トップ > 豆乳石けんの成分 > 弱アルカリ性

弱アルカリ性

最近の石けんは、最近弱酸性をうたったものが

多く販売されています。

実際、肌と言うのは弱酸性ですから、

弱酸性の石けんを使用することは、刺激が少なく

お肌に優しいという事は言えるでしょう。


しかし、石けん本来の目的と言うのは、汚れを落とす事です。

肌に優しいのはいいのですが、優しいばかりではダメなのです。

洗顔した後のツッパリ感はアルカリに傾いている状態です。

人の肌は、この状態を弱酸性の戻そうとする力が働きます。

それを酸化能というそうですが、

その力は鍛えることが必要となります。

肌自身が健康を保とうとする力を維持するためにも

盛田屋さんの豆乳石けんは、弱アルカリ性なのです。

しかし、洗浄力ということだけにとらわれると、

当然肌に負担がかかってしまいます。

コレでは意味がありません。

その状態を防ぎ、優しく保護してくれるのが、

豆乳成分なのです。

ですから盛田屋さんの豆乳石けんは、

弱アルカリ性なのに、肌に優しい石けんともいえるのです。

豆乳石けんの成分

前の記事 | 次の記事

関連記事
【関連コンテンツ抜粋】
・・・    ・・・    ・・・    ・・・    ・・・    ・・・    ・・・    ・・・    ・・・   
IT用語