色素沈着にハイドロキノン

色素沈着にハイドロキノン。「肌の漂白剤」とも呼ばれ、医療現場でもハイドロキノンは色素沈着に使われてきました。

医療現場でも色素沈着に使われるハイドロキノン

ハイドロキノンは、肌の漂白剤とも言われるように、卓越した美白作用を有しています。
写真の現像液にも利用されていて、写真の現像に携わっている人の「手が白くなる」ということは、以前から知られていました。
美容の分野では、通常の原料成分よりも扱いが難しいことなどから、以前は医療現場での処方に限定されていました。
それが薬事法が改正され、化粧品への配合が許可されるようなったのが2001年のことです。
その後、各社、せきを切ったように続々と美白効果をうたった化粧品を世に送り出しています。
ハイドロキノンは、元々医療現場ではレーザー治療後の色素沈着を防ぐために処方されていたものです。
かつては1週間もすれば液そのものが茶色っぽく変色するなど、保存が難しい美容成分でありましたが、それも過去の話。
近年では各社、研究・開発を重ね、保存もしやすく成分も安定した商品が出てきています。

メラニン色素に働きかけるハイドロキノン

ハイドロキノンは、シミなどの原因となるメラニン色素を破壊し、またメラニン色素の生成を阻害する働きがあります。
従って、メラニン色素が原因となってできた色素沈着の解消には有効とされています。
ただし、ほくろ、ニキビ跡、生まれつきの黒いあざなど、メラニン色素が関わっていないものには効果が見込めません。
色素沈着がどうしても解消されないという場合は、皮膚科など専門医の処方によってハイドロキノンを使う方法もあります。
今では誰でも自宅で使えるようになったハイドロキノン入りの化粧品ですが、一般的には、夜間に使用するのが良いとされています。
使用中は紫外線に対して無防備な状態になるからです。
保湿剤や日焼け止めを併用するなど、紫外線対策にも努めることが重要となってきます。

美白

ビーグレン・キャンペーン情報:トップ > 色素沈着にハイドロキノン

初心者向けサーバー