ハイドロキノンの個人輸入

ハイドロキノンクリームや化粧品を海外から個人輸入。けれど個人輸入にはそれなりのリスクもあります

ハイドロキノン製品は高価?

ハイドロキノンは、肌の漂白剤と異名を取るほど美白効果に優れています。
ただし、日本国内で販売されている市販品は、配合率が低いものが大半。
それをもってして、大した効果は期待できないと言う人もいます。
また、ハイドロキノン入りの製品は少々値の張るものも多く、ハードルが高いと感じている人が多いのも現状です。
そこで浮上してくる選択肢が「個人輸入」という方法。
つまり、個人的に自分で使用するために輸入することです。
海外から、十分な濃度のハイドロキノン入り化粧品を、しかも安価にて購入できれば、もう言うことない...というわけです。

ハイドロキノン製品を個人輸入で入手する

入手する方法にしても、自分で直接海外で買い付ける他に、現在ではインターネットで部屋に居ながらにして、個人輸入の手続きができてしまいます。
「hydroquinone」をキーワードにネット検索すると、いくつも関連業者がヒットしてきます。
言うまでもなく、使われている言語は英語が殆んどですが、決まり文句が多く、そう込み入った言い回しを使っている訳でもないので、辞書を片手に理解できる人も少なくないでしょう。

一方で、語学力に自信がなく自分で手続きするのは不安という人や、海外との送金などのトラブルが心配という人もいます。
そのような場合、個人輸入代行業者を利用する方法もあります。
これもWebサイトを設けている業者も多く、あちこち比較検討しながら、好みのハイドロキノン製品を選ぶことができます。

ハイドロキノン製品・個人輸入のリスクとは?

ただし、個人輸入の場合、仮にトラブルに見舞われた場合でも、国産品のようなきめ細かなアフターケアは期待できません。
肌の炎症などのトラブルが発生した場合は、自家判断は避け、なるたけ早く皮膚科などに診てもらうことが先決です。
また、海外製品ですから、日本では未認可の成分が入っていたり、日本では認められない濃度で成分が配合されていたりすることもあります。
それが「日本人の肌」にどのような影響を与えるかは誰もわかりません。
つまり、「自分が実験台」になるわけです。
そういったリスクが個人輸入にはある、ということは覚えておかなくてはいけません。

美白

ビーグレン・キャンペーン情報:トップ > ハイドロキノンの個人輸入

初心者向けサーバー