ハイドロキノンとほくろ

ハイドロキノンは「肌の漂白剤」とも呼ばれる最強の美白成分。では、そのハイドロキノンでほくろは取れるのか??

ハイドロキノンでほくろが取れるか?

シミやくすみの悩みに対抗する「最終兵器」として、ハイドロキノンクリームなど、ハイドロキノン入りの化粧品が評判になっています。
ネット通販などでも、なかなかの売れ筋商品となっているようです。
ハイドロキノンがシミなどの解消に効果があるというのなら、ほくろ除去にも効果があるのではないかと期待を寄せる人もいることでしょう。
少々残念なことではありますが、「ほくろ除去」そのものには大きな効果は見込めません。
ハイドロキノンは、メラニン色素の合成を阻害する働きがある物質です。
メラニン色素はシミなどの原因ともなっているので、それが破壊されたり合成されにくくなったりすればシミやくすみが解消されていくのも道理です。

それでは、ほくろを除去するには、どうすれば良いのか?

中には、自分で切除する等の荒技に出る人もいます。
もちろん、そんなマネは絶対にしてはいけません。
現在では皮膚科などでのレーザー治療など、痛みも伴わない安全な治療方法が主流となっています。
たかがほくろと高をくくっても、中にはメラノーマなど悪性のものもあり、なかなか侮れないものもあるのです。

レーザー治療でなぜハイドロキノンが使われるか?

ところで、レーザー治療を受けると、ハイドロキノン入りのクリームなどが処方されることもあります。
レーザー照射による色素沈着を防ぐ目的があるのです。
レーザーによる刺激で活性酸素が放出され、メラニン色素の製造工場であるメラノサイトを刺激されます。
そこで、メラニン色素を攻撃してくれるハイドロキノンの登場と相なる訳です。
結論からいえば、ハイドロキノンそのものは、ほくろ除去には効き目はないのですが、レーザー治療後の色素沈着対策に効果を発揮します。
両者、お互いに補い合って美肌作りに貢献していくのです。

美白

ビーグレン・キャンペーン情報:トップ > ハイドロキノンとほくろ

初心者向けサーバー