ハイドロキノンクリーム

医療用だったハイドロキノンが化粧品にも使えるようになり、ハイドロキノンクリームの評判は急上昇中です。

ハイドロキノンクリームは皮膚科でなくても入手できる時代に

ハイドロキノンが持つ並外れた美白効果は以前から知られていました。
ただ、以前は医療用に限定されていて、一般に出回ることはありませんでした。
それが2001年に薬事法が改正されて化粧品にも配合して良いということになったのです。

今では、ハイドロキノン入りの化粧品は売れ筋の上位にランキングされるまでになりました。
中でも、ハイドロキノンクリームは、引っ張りだこのようです。
ハイドロキノンは、シミの元となるメラニン色素を破壊し、またメラニン色素の生成を抑える働きがあります。
ハイドロキノンクリームを使っているうちに、「シミが薄くなっていく」という使用感を持つ人も少なくありません。

ハイドロキノンクリームの副作用は?

ところで、ハイドロキノンが利いている間は、紫外線に対して肌が無防備の状態になると言われます。
ですからハイドロキノンクリームを使う際は、合わせて紫外線対策もしっかりと行うことが大切です。
本来、ハイドロキノンは、保存が非常に難しい物質です。
最近では技術開発により比較的長く保存できる製品も現れていますが、通常、ハイドロキノンクリームを保存する際は温度の低い場所で保存し、なるべく早く使い切るのが基本です。

それと、「ハイドロキノンクリームはハイドロキノンが高濃度に入っていれば効く」...という認識はちょっと違います。
あまりに高濃度の場合は、肌が赤らむ、炎症を起こすなどの現象に見舞われることにもなりかねません。
認可を受けた化粧品といえど、ハイドロキノンクリームが初めてという人は、パッチテストのように肌の一部で試してみるとか、比較的低濃度の製品で肌を慣らしていくなどで対応していくのがおすすめです。
また、ハイドロキノンの濃度が同じであっても、「どれだけ肌の奥まで届くか」という観点で比較すれば各社のハイドロキノンクリームそれぞれによって異なります。
現在、最もオススメなのは、もともと医薬品の技術であった「薬効成分をカクジツに患部に届ける」=「ドラッグ・デリバリー・システム」を化粧品の応用したビバリー・グレン(通称「ビーグレン」)でしょう。
その使用による肌の変化については公式ページでもわかりやすく掲載されています。

美白

ビーグレン・キャンペーン情報:トップ > ハイドロキノンクリーム

初心者向けサーバー