レーザー治療でなぜハイドロキノンが使われるか?

ところで、レーザー治療を受けると、ハイドロキノン入りのクリームなどが処方されることもあります。
レーザー照射による色素沈着を防ぐ目的があるのです。
レーザーによる刺激で活性酸素が放出され、メラニン色素の製造工場であるメラノサイトを刺激されます。
そこで、メラニン色素を攻撃してくれるハイドロキノンの登場と相なる訳です。
結論からいえば、ハイドロキノンそのものは、ほくろ除去には効き目はないのですが、レーザー治療後の色素沈着対策に効果を発揮します。
両者、お互いに補い合って美肌作りに貢献していくのです。

……この記事の全文をみる
ハイドロキノンとほくろ
ハイドロキノンは「肌の漂白剤」とも呼ばれる最強の美白成分。では、そのハイドロキノンでほくろは取れるのか??
美白

前の記事 | 次の記事

ビーグレン・キャンペーン情報:トップ > ハイドロキノンとほくろ > レーザー治療でなぜハイドロキノンが使われるか?

関連記事
初心者向けサーバー