ハイドロキノン製品・個人輸入のリスクとは?

ただし、個人輸入の場合、仮にトラブルに見舞われた場合でも、国産品のようなきめ細かなアフターケアは期待できません。
肌の炎症などのトラブルが発生した場合は、自家判断は避け、なるたけ早く皮膚科などに診てもらうことが先決です。
また、海外製品ですから、日本では未認可の成分が入っていたり、日本では認められない濃度で成分が配合されていたりすることもあります。
それが「日本人の肌」にどのような影響を与えるかは誰もわかりません。
つまり、「自分が実験台」になるわけです。
そういったリスクが個人輸入にはある、ということは覚えておかなくてはいけません。

……この記事の全文をみる
ハイドロキノンの個人輸入
ハイドロキノンクリームや化粧品を海外から個人輸入。けれど個人輸入にはそれなりのリスクもあります
美白

前の記事 | 次の記事

ビーグレン・キャンペーン情報:トップ > ハイドロキノンの個人輸入 > ハイドロキノン製品・個人輸入のリスクとは?

関連記事
初心者向けサーバー