ハイドロキノンクリームについて

医療用だったハイドロキノンが化粧品にも使えるようになり、ハイドロキノンクリームの評判は急上昇中です。

病院処方の薬用クリームVSハイドロキノンクリーム

ネット通販で購入できるハイドロキノンクリーム...それは皮膚科医で処方される薬用クリームよりも劣っているような印象がありますね。
ところが、そんな「常識」を覆すおどろくべきデータがあります。

いかがでしょう。
90日間=つまり約3ヶ月間の使用で、メラニンが81%減少というデータです。
しかも、そのピンク色の折れ線は、ブルーの折れ線よりも優れたパフォーマンスを示しているように見えます。
このブルーの折れ線は、なんと皮膚科医処方の薬用クリーム。
実に眼を見張るグラフではありませんか。

しかも、さらに驚くのは、その優れたデータを示すクリームのハイドロキノン配合率は1.9%だということ。
1.9%というのは、そんなに「高配合」という数字ではありません。
巷には、もっと高いパーセンテージの配合率のハイドロキノンクリームもあるのに、どうしてこの1.9%のクリームはすごい成績を出したのでしょう。
それが、医療レベルの浸透技術です。
有効な成分が、「きちんと届く」...これが大切なのです。

ということで、今、もっともおすすめなハイドロキノンクリームは、このグラフのデータ元であるビーグレンです。

ビーグレン公式ページはこちら クリック!


美白
初心者向けサーバー